マタニティーフォト、おすすめの決めポーズ

マタニティーフォトを撮るとき、どんなポーズをすればいいのか悩む人は案外多いです。もちろん、フォトスタジオのスタッフは、プロならではのアイデアを出してくれます。しかし、せっかくマタニティーフォトを撮るのなら、自分らしさを演出した写真も何枚か残しておきたいものです。

基本ポーズはやはり正面です。お腹にイラストを描いたり妊娠何週目かなどを書いた場合、見やすいので好まれるポーズです。しかし、このアングルは意外にお腹のふくらみが目立ちません。そこで少しアレンジして横向きのポーズにすると、お腹のラインがきれいに出ます。そっとお腹に両手を添えると、お腹の赤ちゃんを優しく愛おしんでいる雰囲気がよく伝わります。

お腹のアップも外せないポーズです。赤ちゃんの誕生を心待ちにしている期待感が素直に表現され、見る人の心を引きつけます。さらに、膨らんだお腹に家族全員が手を添えるポーズや、上の子どもやご主人もお腹を突き出して、お母さんのお腹と比べているポーズも、ユーモラスな雰囲気で家族愛が伝わります。お腹のアップは、お腹を見つめて微笑んだり、ご主人がお腹にキスしているポーズなどのバリエーションも楽しめます。マタニティーフォトを撮る機会はそう何度もありません。ポーズをじっくり考えて、思い出に残る写真にしましょう。