アパート経営は家賃収入だけが取り柄ではない

アパート経営というと、真っ先に家賃収入という言葉が思い浮かぶのではないでしょうか。
家賃収入があるなんていうと、羨ましいと思う人もきっと少なくはないでしょう。しかし実際のところアパート経営は家賃収入以外にも様々な魅力があります。
その家賃収入以外の部分についても解説をしていきますので、興味がある方は一読なさってください。

アパート経営をする事で、実は税金対策になるのをご存知でしたでしょうか。
というのも土地は更地の状態が一番固定資産税が高くなります。
こうした問題があるために、空き家を取り壊さずにそのままにしておく人が多いのです。
更地はそのまま持っているだけでは高い税金で損をするだけなのです。しかしそこにアパートを建てる事によって、土地の評価額が下がり固定資産税を抑える事ができるのです。

また下がるのは固定資産税だけではありません。
相続税もアパート経営をする事で下げる事が出来るのです。

法改正がされてからというのも、今までは相続税とは無縁だった人達も課税対象になりました。
相続税による負担を軽減するためにも更地をそのまま残すような事はしないで、アパート経営で収入を得つつ節税するようにすることをお勧めします。