アパート経営のメリット、デメリット

誰もが憧れる様な収入方法としてアパート経営、マンション経営ですが、経営を行う際には始めに莫大な金額がかかりますし、住居者の要望にも応えていかなければなりません。
そんなアパート経営のメリットとデメリットはなんなのでしょうか?

まずアパート経営は経営が始まり、入居者が増加して全室が埋まると家賃収入が大きくなり、中には不労所得の状態にまで持っていく事が出来ます。
入居者さえいれば毎月安定した収入となるので、比較的簡単に収入を手に入れる事が出来ます。
入居者に対して、オーナーからイベントや贈り物等を準備する事で入居者同士のコミュニティ、関係を良くする事で入居者を他のアパートに渡さない様な工夫も出来るでしょう。

しかし、その反面アパート経営では入居者がいない場合でも土地を購入し返済が終了しているなら大きな赤字になる事はありませんが、ローンなどの毎月かかる何かが発生する場合は大赤字となってしまう可能性もあります。
場所によっては入居者が入ってこない。入ったとしても家賃を払わない、アパートの物を壊されたといった様々なトラブルが起こることも想定しておかなければなりません。

アパート経営を最近では副業として取り入れる方が増加傾向にあります。